脂肪注入の費用はおいくら?おすすめランキング

脂肪注入によるしこりの原因は

 

脂肪注入による美容手術は、効果は疑いないところですがそれによってしこりが残ってしまうとも言います。こうしたしこりはどのような原因によって起こるのでしょうか。脂肪注入の際にできるしこりは、手法や医師の技術によって原因は様々になりますが、その中でも代表的な要因がいくつかあります。

 

まずは、注入する脂肪の質に関する問題です。これは、採取した脂肪に含まれている麻酔液や血液成分、死活・老活細胞などの不純物がきちんと除去されないままで使われると、酸素や血液の循環が妨げられることとなり、脂肪細胞が塊となって壊死してしこりになりやすくなると考えられています。

 

また、脂肪の採取から注入までは空気に触れることなく行うことが必要で、これに失敗してしまった場合に細菌やほこりによって脂肪がコンタミネーション(汚染)されてしまい、感染症の原因になってしまうことがあります。

 

そして、「脂肪幹細胞注入」「ピュアグラフト豊胸」「コンデンスリッチ豊胸」などの際にしこりができる理由は、ドクターの技術による問題です。本来は残る予定の皮下、乳腺下、大胸筋内、大胸筋下などの、胸のあらゆる層に少量ずつ分散して脂肪を注入していく必要があるのですが、これが一箇所にまとめて注入されてしまった場合、乳房内で大きな塊ができてしまって、栄養素が行き届かずに塊の中心部分がしこりになってしまいます。

 

また、注入する脂肪の量が多すぎる場合もしこりになります。こちらも「脂肪幹細胞注入」「ピュアグラフト豊胸」「コンデンスリッチ豊胸」でも起こり得ます。皮膚の伸展(伸縮具合)には限度があるため、1回の施術における注入量にも限界があります。

 

個人差はあるものの、片側250cc前後が限界であることが多く、それ以上に大量に注入した場合には乳房の内圧が高まってしまい脂肪が塊で壊死を起こしてしまいます。シリコンバッグやヒアルロン酸など他の豊胸手術の方法がありますが、そこからの切り替え処置の際に問題が起こり、脂肪を壊死させ、しこりとなってしまうこともあります。

 

脂肪注入の流れは

 

脂肪注入による豊胸手術のメリットは、手術の痕が残らない点にあります。また、インプラントに比べると柔らかく、体勢や重力に対して自然な形の変化がありますし、検診や診察において申告を行う必要もありません。デメリットとしては、不確実性があるために脂肪壊死や石灰化によってしこりが生じてしまうことがあることです。

 

しかしながら、近年の新しい移植技術は大きく進歩し、どんどん安全性は上がっています。脂肪注入において重要なのは生着率で、この生着率を高くすることが、合併症(採取部の凹凸、知覚麻痺等)やしこり、石灰化を防ぐことにつながります。

 

この生着率を高めるためには、採取した脂肪を速やかな処理や、水分の除去、そして適切な処置が必要になります。採取から注入の流れを見てみますと、脂肪を採取する場合は主に脂肪の多い下腹部や、背中、お尻、太ももからとなることが多いです。

 

脂肪注入法によって豊胸手術を行う際には、BMI17程度は最低でも必要でそれを下回ると健康上の問題が生じるために行えません。どこから脂肪を採取するかは医師とよく相談して決めることですから、術前に十分な診断・カウンセリングを行いましょう。

 

脂肪注入においては、偏りを防ぐことが大切で、まんべんなく、複数個所から注入をしていくことが望まれます。そうすることで脂肪が壊死してしこりになるのを防ぐことができます。

 

術後にはしこりや石灰化に特に注意が必要で、しこりや石灰化が起こると硬い不自然な胸になってしまいます。ただ、しこりや石灰化は全くないということはなく、少なからず発生するものだとは覚悟しておいてください。

 

脂肪注入法はまだ医師の間でもまだ賛否が分かれる施術方法のため、対処や見解が医師によって様々です。ですから、本当に安心して受けることができるクリニックを選ぶべきで、その場限りの手術で終わらず、術後についても長期的な展望をもって管理・診察に当たってくれるクリニックを選びましょう。

 

コメカミへの脂肪注入は

 

脂肪注入は現在、全身のいろんな部分に対して行うことができ、敏感な部分だとしてもおおよそ行うことができるようになっています。

 

たとえば、コメカミが加齢によって凹みが大きくなっている場合に、ふっくらと見せるために行われることも少なくありません。コメカミの窪みが目立ってしまうと、疲労感や不健康な雰囲気が漂いますから、コメカミに脂肪を注入してフェイスラインを整え、顔の印象をスッキリと若々しくすることが可能です。

 

脂肪注入法というのは脂肪吸引の技術を使って、体の余分な脂肪を集めてその脂肪を注入してふっくらしたコメカミを実現する手法です。注入された脂肪が自分のものですから、副作用や異物反応が無くて安心ですし、注入後は脂肪組織として生着するようになるので自然に自分の体の一部として機能するようになります。

 

約1ヶ月で状態が安定するようになります。この際、生着しなかった脂肪は自然に体内に吸収されるようになります。脂肪を注入した量に対して、患部にしっかりと残って細胞として定着したことを示す生着率は平均で約50%となっており、これは手術時の脂肪の精製方法などで上下するようになります。

 

手術時は、下腹部や太ももから脂肪を吸引し、細い針で注入するため、目立ちませんし、メスを入れたりする必要も無いことから体に対する負担も少なく、ダウンタイムも他の手術方法と比較して少ないのがメリットになります。

 

術後は腫れが出ることがあったり、メイクなどに一部制限がかかります。気にするほどではない場合も多いですが、仕事などで人に会うことが多い場合はやはり気になるでしょうから、術後数日は自宅で過ごせるようにお休みを取っておくのが賢明かと思います。

 

顔への脂肪注入は?

 

脂肪注入というと、最も有名なのは豊胸手術ですが、実際には顔の部分に対する脂肪注入が行われていることも少なくありません。老化や痩せてしまったことによって、顔に凹みなどの変化が起こってしまった場合、それによって顔の印象が大きく変わってしまいます。

 

こういう時に脂肪注入で顔の脂肪が多くなると、骨っぽい時に比べて表情が明るく、血色良く見えるため印象が良くなります。そして、年をとるにつれて顔の脂肪や筋肉が衰えてたるんでくるため、元気な脂肪細胞を注入することで若い時の顔に近づけることが可能になります。

 

こうした効果があるために人気の施術のひとつになっているようです。メスを使う必要が無いので傷が残らず、また他人に手術のことを知られることなく実施することが可能ですので、多くの人に支持されています。

 

技術的に難度が高い手術であるために、同様のヒアルロン酸注射と比べると行っているクリニックは少ないそうです。ただ、しっかりしたクリニックを選ばないと失敗してしまうので注意しましょう。

 

多くの箇所に行うことが可能で、注入部位は、ほほ・ほうれい線・目の下・こめかみ・上まぶた・口角部などをはじめ、唇・ひたいなどにも脂肪注入が可能になっています。

 

この脂肪注入法の欠点は、注入した脂肪の約半分は体内に吸収されてなくなることで、残りは体に残るのですが、この減る分を考慮した上で完成形をイメージして施術を行う必要があるということです。術後は約2ヶ月間はよく冷やして痛みや腫れが残らないように気をつけましょう。

 

脂肪注入術で使う脂肪は自分の身体の皮下脂肪を利用するため、体が拒否をすることがほとんど無く、アレルギー反応の心配もありません。最も安全な素材ということができますから、何かを埋め込むようなことをしないで自然に仕上がるので好評を得ているようです。

更新履歴